ケアハウス、ホームヘルパーサービス

  • HOME
  • ケアハウス、ホームヘルパーサービス

ケアハウスとは

ケアハウスとは、家庭での日常生活が困難な高齢者を対象に、食事をはじめ日常生活のサポートを行う施設のこと。
そのため、入所条件は原則として、家族との同居が困難な高齢者に限定されています。
入所金などの初期費用が発生する場合もありますが、国や自治体が運営する施設のため、低料金で利用できるのが特徴です。また認知症を患うなど、他人との共同生活が困難な場合は介護付きのサービス・施設に切り替えることができるのも大きなメリットです。

ケアハウスの種類

ケアハウスはA型、B型、C型に分かれており、それぞれの種類によって受けられるサービスが異なります。
A型には食事提供がありますが、B型にはありません。代わりにB型の居室には、自炊のためのキッチン設備が附帯しています。
近年、A型・B型は統合され、C型に移行しています。
C型には「介護型」と「自立型」があり、「介護型」は従来のケアハウスと比較して、要介護重度の方まで入所できるのが大きな特徴です。

型/サービス 食事提供 生活支援 介護サービス
A型 あり あり 原則なし(軽度の介助はあり)
B型 なし(自炊) 一部あり 原則なし(軽度の介助はあり)
C型 あり あり 介護型と自立型で異なる

※プランによって、介護サービスの有無や内容は異なります。

安い費用で充実したサービスを受けられるのがケアハウスの特徴です。民営の老人ホームでは、初期費用に百万円以上かかるところもあります。被介護者の健康状態などに応じて、施設を選別しましょう。

ご利用の流れ

細かい条件は地域や施設によって様々ですが、一般的なケアハウスは、「家庭での自立した生活が困難であること」、
「60歳以上の高齢者(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上であること)」が入所の条件です。
ただしC型(介護型)の場合は「対象年齢が65歳以上、要介護1以上であること」が条件となります。

申込書提出

希望の施設に、申込書を提出します。

面談

施設への訪問または、来訪による面談を実施します。住民票・所得証明書など各種資料も提出します。

決定

面談の結果や提出書類の内容を審査。生活状況や介助の必要性などを総合的に判断して決定します。

人気の施設は数ヶ月待ちということもあるため、早めに希望条件に合う施設を探して、手続きするよう心がけてください。