大原医療秘書福祉専門学校で介護福祉士を取得後、新卒として武里まきば園に就職した那須野さん。勤続5年目のユニットリーダーとして働く傍ら、今年度のアロハカードを78枚も書いてくれました!山口園長からは「いつも笑顔で元気いっぱいの那須野さん。仕事に対する姿勢や新しいことにチャレンジする行動力はいつも前向きで、お客様のこともスタッフのことも、いつも考えてくれています。周囲にとても良い影響力を持ったユニットリーダーなので、今後がとても楽しみな人財です!」とコメントいただきました。

 

介護の仕事を目指すようになったきっかけを教えてください。

中学生の時に地域のボランティアに参加していたことがきっかけです。お年寄りにお茶をお出ししたり、吹奏楽部として演奏したりすることが楽しいと思って、目指すようになりました。あと、将来仕事に困らなそう、と思ったのも理由ですね(笑)

介護職に就く上で、資格もなく働くと途中でイヤになっちゃうかもと思い、介護福祉士が取れる専門学校へ進みました。実際武里まきば園に就職してみたら、資格を持っていようが持ってなかろうが関係なくて(笑)、最初は教えていただいたことにがむしゃらに取り組みました。でも、リーダーをやらせてもらう中で、後輩に教える時に根拠が分かっていた方が教えやすいというのに気づきました。こういう理由でやっている、というのが伝えやすいので、いま資格が役に立っています。

 

今年はたくさんの仲間にアロハカードを書いてくれたんですね。

実は昨年も一昨年も10枚くらいしか書いていなかったんです。でも、今年は特に「みんなで書こう」と武里まきば園が力を入れているのもありましたし、今までのお礼をたくさん伝えたいと思いました。就職してから、この5年間でけっこう泣いていたんですが(笑)、それでも皆さんが助けてくれて、いっぱい面倒を見てもらいました。そして、後輩にはみんなが見てくれていることを伝えられたらいいなと思ってアロハカードを書きました。

他の部署の方には、普段の関わりや、誰かが頑張っていたこと、私ができていないことをフォローしてくれたことなどを書きました。サービス相談室の方は出退勤の時に挨拶してくれたり、話しかけてもらったり。給食サービス課の方はごはんを運んできてくれたり、お客様のお誕生日リクエストを聞きに来てくれたり。施設管理課の方は修理を依頼したら優しく対応してくれたり。委員会のメンバーや、フラダンスを一緒に踊った仲間にも書きました。

今年は月ごとに、こういうことを書きましょう!みたいなポスターも貼り出されて、目にする機会も多くて、書こうと思えましたね。

 

那須野さん自身が、もらって嬉しかったカードはありますか?

よく泣いたりはするんですけれど、自分の感情をうまく出せていないことや努力が伝わらないこともあるのかなと思っていました。でも、そういう頑張りを見てくれている人や、私がいるから頑張れると書いてくれた方もいて嬉しかったです。

 

今後頑張りたい事は何かありますか?

来年、資格を取って丸5年になりケアマネの試験を受けられるので挑戦したいと思っています。もともと資格があったらいいなと思ってはいたんですが、今年親戚がケアマネにお世話になることがあって、母が「ケアマネさんは魔法使いみたいにいろいろ教えてくれる」と話していたこともあり、身近に感じることができました。最近参考書を買ったので、これから頑張ろうと思っています!

 

 

スタッフインタビュー集

採用ページはコチラ!

 

この記事は2023年1月発行の「まきばNEWS 15号」より転載しています。