特別養護老人ホーム

  • HOME
  • 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方自治体などが運営する公的な介護施設のこと。
通称「特養」と呼ばれています。入所施設のため、24時間体制で看護を受けることができるのが特徴です。他にも「長期入所が可能」「民間施設と比べて利用料が安い」などのメリットがありますが、その一方で医療サービスが限定されており、非常時の医療対応が難しいというデメリットも。また緊急性が高い人の入所が優先されるため、タイミングによっては待機期間が長くなってしまうこともあります。

特別養護老人ホームの入所条件

原則として、入居希望者が「要介護3」以上かつ、65歳以上であることが入所の条件です。
ただし、要介護1や2の方でも、認知症や知的障害など日常生活に支障をきたすような症状が頻繁に見られる場合には、特別に入所が認められることもあります。日常生活の状況については各行政が設置する「入所判定審査会」が判定審査を行います。
他に「長期入院を必要としない」「感染症などの疾患がない」といった条件もあり、具体的なルールは施設によって異なるので事前に確認しておきましょう。

特別養護老人ホームの種類

特別養護老人ホームの部屋は、4種類あります。

従来型個室
…1室に対してベッドが1脚のみのタイプ。
多床室
…1室に対して複数のベッドが配置されているタイプ。現在は4人部屋が主流。
ユニット型個室
…1室に対してベッドは1脚だが、浴室・トイレ・ダイニングなどは共用。
ユニット型準個室
…設備はユニット型個室と同様だが、多床室を改築しており半個室。
部屋の種類/賃料(目安) 月額 日割り
従来型個室 36,000円 1,200円
多床室 25,500円 850円
ユニット型個室 60,000円 2,000円
ユニット型準個室 49,500円 1,650円

※上記の料金は賃料の目安です。
賃料に加えて食費、介護サービス費なども発生するため、トータルで70,000円~200,000円ほどかかります。

料金目安

特別養護老人ホームでは、入所一時金などの初期費用が発生しません。生活費(家賃・水道光熱費・食費など)と介護サービス費を合わせた金額が月額費用となります。介護サービス費の一部は国や自治体が負担するため、民間の老人ホームと比較して利用料が安いのが特徴です。居住費は居室のタイプによって異なり、多床室より個室の方が高く料金設定されています。
また要介護レベルによっても料金は変動するので、詳しくは市区町村や事業者に相談しましょう。

ご利用の流れ・申し込み方法

介護認定を受ける

介護サービスを受けるにあたり、まずは介護認定を受ける必要があります。

要支援 1、2
介護予防サービス(予防給付)
要介護 1~5
介護サービス(介護給付)

介護(予防)サービス計画立案

1で受けた認定を基に、地域包括支援センターや居宅介護支援センターで、介護予防サービス計画書・介護サービス計画書を作成。
作成した計画に基づき、サービスを受けていただきます。

サービスのご利用スタート

在宅サービス
利用者様のお宅にお伺いし、2で立てた計画に従って日常生活上の介護や、調理、洗濯といった生活援助を行います。
※各事業所でも、それぞれサービスの計画を立てます。
介護施設でのサービス
様々なタイプの介護施設があります。施設サービス計画に基づき、利用する施設に沿ったサービスを実施します。